スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

業火の試練

今日から仕事でちょっとした朝の合間に書いてます。

今日はタイトル通りの記事です。
昨日軽くやってみたいなぁ的な事を書いたあと、夜にログインするとさっそくチャンスが到来。
ログイン後、弓術でも上げるかと歩き始めたところに「真イフリート討伐戦メンバー募集」のシャウトが。

せっかくのチャンスを逃す事もないとおもい、参加の意思を伝えるとOKを頂いたので参加させて頂きました。
初めてである事を伝えてもなお参加させて頂いたことに感謝して、内容は続きに。




幻術しかLv50がないので、もちろん幻術で参加。

ファイター・ソーサラー均等に募集はあったのですが、最終的にはソーサラー中心のPTに。
注意事項を教えて頂き、戦闘エリアに入ってから立ち位置を教えて頂きました。
私の立ち位置は、イフリートに向かって左。その位置まで誘導してもらい戦闘開始。

戦闘ムービーがあるとの事だったので楽しみにしていたが、SS撮りながらみてると盟主ルイゾワの秘策と同じっぽかったのでスキップ。。。

<第1戦>
最初は通常攻撃しかしてこないので特に問題はなし。
『イフリートが怒りの炎に包まれた!』と表示されてイフリートが赤くなったくらいから特殊技が多くなるのは判っていたが、予想より激しく対処が遅れ気味に。
盾役さんの死守に失敗。回復より先に、自分が死ぬ。
盾役を死守できねばあとは壊滅のみという状況が痛いほどよくわかり1戦目敗北。

初戦での反省点
まずは、盾役の死守。
そして、イフリートの攻撃間隔の短さ。特殊攻撃のログを見落として魔法詠唱すると、エラプションと光輝の炎柱が避けれない。

<第2戦>
少しメンバーのクラスの変更をし開始
第1戦よりは削ったが、よく似た状態で壊滅。
私自身は、ログの確認に精一杯という有様。。。FF11以来久しぶりのフルメンバー戦闘に目が着いていかない!
明らかに迷惑掛けてるのがわかるので、少し気合を入れなおして次戦へ。

<第3戦>
2戦もやると大分慣れてくるもので、少し余裕が出てきた。
しかしまだミスが目立つ。数回死亡したが、なんとか勝利。
アチーブメント及び、クエストクリアを達成しました。
戦利品は、ダークマター。

<第4戦>
ここで、1名時間ぎれで抜けたので1名補充して戦闘開始
ログの速さに、蛮神戦の時はログ表示考えなきゃいかんなぁと思いつつそのままで続行。
やはりまだ数回死亡してしまう。が、勝利。
戦利品、ダークマター。

<第5戦>
最終戦。
順調に、特殊技も耐え「これは、1度も死なずにいけるか」と思った瞬間!油断してエラプション3連発で死。。。
レイズを頂き生き返ってすぐ戦闘終了。
戦利品、ダークマター。

成果は5戦3勝2敗。
戦利品をみて、武器の出現率が渋いなぁとおもいつつ、今回はいい経験ができたのでよしとする。

FF14開始以来、初のコンテツ戦闘はこうして終わりです。
やはりこういう戦闘は楽しいですね。FF11時代の感覚が久しぶりに蘇りました。
FF11時代、「AV」「ラブ」「真龍」等々突っ走ってた時代がありました。その割りに装備はたいしたことなかったですが、戦闘を楽しむ仲間がいてとても楽しかった時代でした。
今現在、蛮神戦は2つですがこの先が楽しみです。
「善王モグル・モグXII世 討伐戦」はまだ経験ないですが機会があれば挑戦してみようとおもいます。


ここで少しDev Trackeの事を。
『スクープ!?ジョブ専用ウェポンスキルの動画をご紹介!』
モンクと戦士の専用WSの動画です。
モンクは単体。戦士は範囲技ということなのでしょうか。
モンクのWSがかっこいいですね。これは是非つかってみたい!
他のジョブも気になるところです。

長々と長文を書いてしまったが、本日はこのくらいで。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

当ブログについて

FF14の内容が中心となっております。
ネタバレ等多々ありますので、注意してください。
Link・Commentはフリーです。

管理人:放浪者

ソーシャル

てきとーにつぶやいてます
Twitterボタン
RSSフィード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別

最新コメント

<>+-

FFXIV 冒険者方々の記録

リンク

タグ

連絡

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。